a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なまえのあるかいぶつ

2010/04/29 07:13 Category:業界
TB(0) | CM(2)

SEEE
る日テレビで、コメンテータがこんなことを言っていた。
「犯人は凶器を用意して、被害者の帰宅時間まで調べていた。明らかに確信犯的犯行です」
 その後当たり前のように番組が進んでいたので、少し驚いた。確信犯はそんな意味だったかと、思わずネットで調べてみたほどだ。
 確信犯を過失や事故の対義語のように思っている人は多いと思うが、本来の意味は違う。政治、教義、宗教等による決意から及ぶ犯行を指すものだ。平たく言えば、悪の秘密結社がそれに当たる。
 日本語は柔軟で応用種が多く、日本人でも勘違いや誤読、用法の誤りに見舞われることは少なくはない。
 また同時に日本語は、その意味の変遷を受け入れてきた。極端な例を出すなら、枕草子に出てきた「をかし」と、今使われる「おかしい」では、意味は全く異なる。だがどちらも、それぞれの時代でそれぞれの意味で通っていたはずだ。
 なので私はこういう場合「正しい意味」とは言わず「本来の意味」と書いて正すようにしている。いつか変わった意味が一般化するかも知れないからだ。

 スクウェア・エニックスが変えようとしているのは何か。
 同社は海外タイトル専門の新レーベル「エクストリームエッジ」を発表。今後すべての海外作品は、このレーベルから販売していくという。

「海外に面白いゲームがあるという事実が、まだユーザーや小売店に浸透していない。レーベルという形でその存在を明確にし、それを伝えたい」
 同社の代表取締役、和田洋一氏は語る。
 たしかにファミコンの時代に比べ、海外のタイトルが多く日本に入ってくるようになった。またそのクオリティの高さと作りこみの深さは、ゲームファンには周知されているだろう。
 日本製タイトルが海外で大ヒットするという事例も、ファミコンの頃から多く見られており、内外のゲーム文化の垣根はかなり低いと思う。
 そんな中、あえて海外のタイトルであることを押し出して売り出そうとするのは何故だろう?

「ジャパン・チューニング」という言葉があった。日本製ゲームに見られる、ユーザーフレンドリーなゲーム設計を指して言われた。それは転じて、海外製タイトルの大味なつくりを揶揄する含みもあった。
 ゲーム文化に大きな隔たりがあった時代である。一概に海外製タイトルを否定することは出来まい。だがこの頃、日本における海外タイトルに対する総合的評価に、ある名前がついてしまった。即ち「洋ゲー」である。
 この言葉はその後、プレステやセガサターンに端を発するハード戦争の激流の中で、その意味合いを幾度となく変化させていった。
 ある時は独特な世界観を肯定する言葉であり、ある時は不親切極まりない設計を諦める言葉であったりもした。
 しかし任天堂が二大怪物ハードを世に送り、ゲーム市場が世界展開を見据えなければ成り立たなくなってきた頃から、ジャパン・チューニングなる言葉は姿を消した。日本人にも受け入れられる、高い作りこみをした洋ゲーが現れ始めたからだ。

 小売店の陳列棚や雑誌での扱いを見る限り、今やゲームにおける東西の壁は消えたといっても過言ではあるまい。
 しかし「(海外タイトルは)日本での実績がないと情報も行き届かず、仕入れも躊躇されてしまう」と、和田社長は言う。送り手なればこそ感じる市場の実感なのだろうか。
 スクエニはそんな洋ゲーに「エクストリームエッジ」という名前を与えようとしている。いわば洋ゲーここにありと高らかに謳うつもりだ。
 だが私はこの決断に、やや違和感を覚えざるを得ない。
 今まで曖昧であった洋ゲーと国産タイトルの境界線を、明確化するメリットはどれほどあるのか。そして海外タイトルが躊躇されている中、あえてソフトにそれを貼ることで、そんな空気を助長しかねない気がしてしまうのだ。
 洋ゲーと国産ゲームの棲み分けは、洋ゲーという言葉の持つ意味が、もっと良くなってからでも遅くはなかったのではないだろうか。
 そこにあえて挑むスクエニの姿勢は評価したい。だが言葉の意味を変えるのは、決して容易なことではない。
 洋ゲーという言葉は、まだ本来の意味すら不確かなのだから。
スポンサーサイト

題名のないゲームオフ会・1

2010/04/27 18:59 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(5)

はり会場と日程から考えなくてはならない。
 当然のことながら、会場は可能な限り駅近くで、車での来場にも適した場所が望ましい。70人前後を目処に考えると、かなり絞られてくる。
 私の家の近くに区民センターがあるのだが、最寄り駅がやや遠い。タクシーを使うほどではないのだが、バス移動になってしまうだろう。いや、バスがあるだけましだろうか?
 日程はやはり週末が基本だろう。会場が押さえにくいというデメリットはもちろんあるが、遊興目的のイベントなのだから、土日に開催したい。
 時間も考えなくてはならない。貸し会場をあちこち調べて見ると、朝昼夜およそ3時間ずつ区切って貸している会場が多い。機材が多い準備と撤収を考慮して、2コマ(6時間)は借りておきたい。
 会場代は自腹で何とかするつもりだ。なのでそれ以外は参加者に協力を乞うしかない。
 どなたか都内で手ごろな貸し会場に心当たりがあったら、是非お知らせ願いたい。

 今のところ「思い描いている」開催概要。
>6~7月の週末開催
>都内貸し会議室?
>モニタ、360本体、ソフトは参加者持寄り
>モニタ及び本体を持ち込む人は事前に応募。それ以外は自由参加
>ソフトやコントローラ、メモリカード、周辺機器の持ち込みは自由

 このくらいだろうか。
 アドバイスや要望は随時受け付けます。どんどんお聞かせ下さい。

SCC店頭体験会に行ってきた

2010/04/24 17:48 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

SCC001
4月24日。秋葉原のゲームショップ「メッセサンオー本店」にて、スプリンターセル・コンヴィクションの先攻店頭体験会が催された。
 私も急遽仕事が休みになったので、辻はいるかと思い行ってみた(いなかったけどw)
 桜が散ってもさっぱり春らしくならず、六寒一温とでも言いたくなるような陽気が続いていたが、この日は少し風が涼しいくらいの好天。週末の秋葉原は大勢の買い物客でにぎわっていた。
 メインストリートに面するメッセサンオー店頭に設置された試遊台は、否応なく通行人の注目を集める。中には既に購入を決めている人もおり、発売前の肩慣らしをしていた。

 今回プレーできたのは、スプリットスクリーンによる二人協力プレイ。迅速確実かつ静謐に敵を一掃する「ハンター」というモードだ。
 というわけで私も早速トライ。まだMW2癖が抜けない感覚を抑え込み、見ず知らずの青年と敵地へ潜入。
 物陰からゼロ距離で敵を無力化してアクションポイントを稼ぎ、中距離の敵をマーク&キルという、本作の基本戦術を試す。ううん、頭に描いた戦術がかっちり嵌ると実に気持ちいい。
 多彩な武装もウリだが、さすがに時間がなくて一部しか試せない。が、あくまでアサルトよりステルスに重きを置いた仕様は痺れる。
 作戦を言葉に出して二人で敵を倒す楽しさも、本作では一入強く楽しく思える。
 来週が待ち遠しくて仕方がない。

 なおこの日、メッセサンオーで本作を予約した人には、いろーんな所でいろーんな人が着ていた(笑)、オリジナルTシャツがプレゼントされるらしい。
 SCC002
 …なんかちっこいのいるね、なんだろねw

オフ会企画

2010/04/20 22:23 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

日、森一丁主催のイベントに参加して、やはりオンラインもいいが、顔を合わせてのイベントも捨てがたいと再認識した。
 昨年ぽつりと「オフ会やりたいな」とつぶやいたきり、多忙に追われて結局何も出来ないまま年を越してしまった。今年の目標の一つに掲げているが、ぼちぼち支度しなければなるまい。

 まず会の概要を決めてみる。今までオフ会を経験してきてひとつ思うのは、飲み食いしながらゲームをするというのは、意外と難しいという事だ。
 昨年のメイドカフェオフでもそうであったが、参加者は喋りながらの飲食を中断してゲームに参加することはあまりなく、やはり飲み食いするかゲームするか、どっちかにしたほうが楽しみやすいと思う。
 というわけで今回はゲームオンリーのオフ会にしよう。
 となるとまず問題になるのが、機材と場所だ。当然大勢集めて遊ぼうというなら、一台二台並べたところで意味はない。とはいえレンタルなどで予算と手間をかけるのもどうか。
 ここはやはり、有志にモニタと本体をご持参いただく方がいいと思う。重い機材を抱えてくる人なんかいるのかと思うが、メイドオフの時に行商人のような荷を抱えてやってきた男もいたことだ。奇特な人間はまだまだいると思っているw
 メーカーの手を借りることも考えたが、メーカーの人を招くことはあっても、出来る限り我々の手で運営し、イベントっぽさを排したいというのが私のこだわりである。
 第一私にそんなコネはない。でっかい子供部屋を作るくらいのノリでいたいのだ。
 なので会の名称はもう決めてある。『題名のないゲームオフ会』だ(無印○品的なw)

 次いで規模。目分量というものが今ひとつ苦手な性分で、どのくらいの広さと人数が適量なのかがわからないのだが、50人強がゆったり座って遊べる広さとなると、概ね区民会館などにある大会議室程度のものになる。のか??
 ひとまずネットでその規模のスペースを探してみる。
 ううん、あるにはあるが、公民館は人気が高く私営施設はやや料金が高い。
 支払えない額ではない。機材を持ってきた人を無料招待し、それ以外の参加者から100円程度徴収して足しにすれば、あるいは…といったところか。
 加えて立地。駅から遠かったり駐車場がなかったりすると、機材を持ってくる人が減ってしまう恐れもある。
 何にせよ、これは思ったより難儀だ。

 というわけで、現在考えているのはこの程度だ。さて、暑くなる頃に開催できるだろうか?
 もし諸氏の中で、こういった企画ごとに明るい方がいたらご指導願いたい。
 また、こんなことやってほしいといった要望も、早いうちにいただければ検討します。

一丁イベント行ってきた

2010/04/19 19:12 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

4月18日。花散らしの雪が降るという素っ頓狂な気候もようやく落ち着いた日曜日。
 新宿歌舞伎町にあるトークライブハウス『ロフト/プラスワン』にて、ゲーム&トークイベント『森一丁のゲーム三昧・一丁やるお』が行われた。
01

 FMラジオのパーソナリティ等を勤め、360ユーザーにはお馴染みの森一丁氏が起案したイベント。
 会場のライブハウス自体、ステージで座ってトークすることを主にできており、今回も一丁氏はじめ元インサイドガールズの面目やジャム爺氏らが登壇しつつ、やいのやいのゲームで遊ぶという風変わりなイベントとなった。
03

 しかしそこは360ユーザーが中心の客層。多少ディープな話で引く事は全くなく、エレキコミックの今立氏が持参したセガサターンのシステム画面が、スクリーンに大映しになっただけで爆笑が起こるという、正にゲームファンのためのイベントだった。

02
 ↑このソフト、実は私持ってましたw 喉まで出掛かった突っ込みを飲み込みながら見てました。

 メーカーの広報さんが発売前のタイトルを持ってきて宣伝する。なんていう作為的な作りはまるでなく、ただひたすらにゲームで楽しみ、それを飲み食いしながら共有するという、クローズドイベントらしい企画であった。
  会の最後に行われたおみやげ抽選会では、一人二個当たるほどの賞品が用意され(それなのに何も当たらなかった私ではあるがw)、大盛り上がりのうちにお開きとなった。

 ひとえに大人ゲーマー向けらしい試みであったと思う。賞品減ってもいいから、第二回を期待したい。

 森一丁氏はじめ出演者及びスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
04

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。