a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Natalism

2009/09/25 21:13 Category:技術、ハード
TB(0) | CM(0)

1982年のクリスマス直前。30億ドル市場といわれた北米のTVゲームから、突如として消費者が離れていった。世に言う「アタリ・ショック」である。
 小売業がゲームに対する怨嗟のような空気に包まれる中、その様子をつぶさに見ていた任天堂アメリカ法人社長(当時)の荒川寛は、任天堂社長(同)山内博
に手紙を認める。
『日本でも同じような玩具は売れる。アタリ・ショックは工夫次第で回避できる』
 日本ゲーム界の種がまかれた瞬間である。
 後に誕生したファミリーコンピューターと北米仕様のNESは、ソフトウェアの開発と販売を契約制にするなどの施策が奏効し、押しも押されぬ世界的ヒット商品となった。アメリカで生まれたTVゲームが日本で蘇り、世界を席巻したのである。

 時は移り2009年。アメリカで産み落とされたテクノロジーが、間を置かずして日本人クリエータの俎上に上ったようである。
 TGS2009の会場で行われたパネルディスカッションで、小島秀夫、稲船敬二、名越稔洋という、日本ゲーム界のクリーンナップトリオが揃い、MS社の泉水敬を司会に、Xbox360の虎の子「Project Natal」の感想と可能性を語り合った。
 最初にNatalに出会ったときの感想は「ファミコンが始まったときくらいの衝撃」(小島)と、最高の評価をしてくれたようだ。
 またゲームのみならず、日常生活への応用にも期待を膨らませ、ゲームがその実験になればと息巻いていた。
 他にも、音声認識や画像の取り込みなど、Natal独自の機能に大いに食指を動かされていたようだ。それらを総合して、ゲームがプレイヤーの感情を汲み取るような時代が来るのだろうか。
 Natalに対するクリエータの施策がいつ見られるのかは分からないが、期待値は高く見積もってよさそうである。

 しかし、ふと一抹の不安を覚えたのは、近年高騰の一途を辿る開発費に関してだ。
 言うまでも無く、ゲームの開発費はその高性能化に比例して上がり、今では一本当たり平均で3億とも4億ともいわれ、桁が一つ上を行くゲームも珍しくは無いという。
 当然企業としては採算を取らねばならず、自然と海外展開やマルチタイトル化を余儀なくされる。このときハードウェアによるインターフェイスの違い、ことNatalのような特徴的なデバイスは、移植の妨げになってしまいはしないだろうか。
(私はマルチタイトルを推すことも反対することもしない。その機種でしか楽しめないという独自性はハードにとって優位であるし、メーカーとしては一人でも多くの人に楽しんでもらうため、マルチ化は有効な手段であるからだ)
 つまり、Natalの特性を引き出したタイトルが、資本力のあるごく限られたメーカーからしか出てこないのではないか、と邪推してしまったのだ。
 E3での発表では、Natal過去のタイトルにも対応するとしており、基本概念はパッドコントロールと大差は無いと考えてよいのだろう。だからといってパッドでも遊べるゲームばかり出していては、Natalの存在意義が薄れるばかり。
 Natalでしか実現できないようなゲームの登場を待ちわびると同時に、それは商業的に成功するゲームなのだろうかと、ユーザーらしからぬ不安を持たずにはいられなかった。

 文人を気取るつもりは無いが「選ばれてあることの恍惚と不安」を、Natalの陰に垣間見てしまうのは、私だけだろうか。Natalがクリスマス商戦の目玉になるようなことになれば、そんな不安も無用になるだろう。

 クリエータ諸兄。サンタにNatalの傑作ゲームの誕生をお願いしてもよいだろうか?
スポンサーサイト

2009/09/21 17:39 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(4)

ろご小島サイン
外といえば大いに意外だが、やはりといえばなおやはり、といったキャスティングである。
 今週金曜夜に配信される、MIDNIGHT LIVE 360(詳しくはこちら)。
 年に一度のゲームの祭典、東京ゲームショウの前夜に配信される今回は、番組内で12社29タイトルを紹介しようという、無謀といっても過言ではない企画に挑戦するらしい。スタッフの安否がマジで気遣われる。
 先日その中の一つが明かされた。迎えるゲストは説明無用の鬼才、小島秀夫。扱うタイトルは、なんとPSPで発売される「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」だ。

 360の名を冠した番組でPSPのタイトルを扱うということで、早速かなりの賛否の声が上がっている。このまま他機種のタイトルも扱うような番組になるのかという不安の声もあった。
 ジャム爺氏が言うには、過去の視聴者アンケートから、360とPSPを持つユーザーが非常に多いことがわかり、またこのタイトルの特徴でもある「協力プレイ」というファクターは、据え置き機においても重要になってくるということらしい。
 確かに私自身PSPも360も持っているし、協力プレイが今後のゲームのトレンドになるということは、昨年行った氏へのインタビューでも大いに語られたことだ。
 私自身その論説に大いに賛同するし、このキャスティングに驚きはあるが、一点の不満もない。E3で発表されたアレの話とか出ないかなーと、かわいい期待を寄せてみたりもしている。

 有名税という言葉で片付けたくはないが、何かと指弾の矢面に立ちやすい氏である。モンハン3のプレイ動画に写ってただけで「裏切り者」と罵声を浴びたのは、丁度去年の今頃であった。
 少し前は(今も?)メディアが「ハード戦争」だの「シェアの奪い合い」だのと盛り立ててくれたが、今やハードのシェア争いなど過去の話。そもそもゲームは宗教でも政党政治の類でもない。
 360ユーザーはPSPなんぞには見向きもせんか、と言えば絶対的にNoだろうし、ジャム爺氏は半生を360にのみ尽くすべき、なんて無茶な話も通るまい。ゲームに一人一派なんて考えは、ナンセンスの極みではないだろうか。

 今回の英断は「ゲームが好きな」ジャム爺氏が動き、何より「ファンのために」動いた小島氏の助力がなければ実現はしなかっただろう。
 ML360の存在意義が問われはしないか?という疑念も、私は持つに至らない。
 なぜなら他の11社28タイトルが、きっとそんな疑念をすっ飛ばしてくれるに違いないからだ。一枠くらいPSPにくれてやろう(何様w)。

 終了が何時になるか今なお分からないという、恐怖のオンエアまであと数十時間。だがひとつ分かることは、私たちはオンエアが終わるとき、何の疑いも後ろめたさもなくこう叫んでいるということだ。
 即ち 「360サイコーっ!!」 と。

雑感・DEATH SMILES

2009/09/14 20:04 Category:ソフトレビュー
TB(1) | CM(0)

ds
ず断っておくと、私はシューティングゲーム(STG)が苦手である。ただ十把一絡げにSTGが不得手なのではない。私が苦手なのは、昨今主流となっている弾幕系STGである。
 ゲーセンでたまにやってみても瞬く間にボムを消費し、1ステージも越せずにウル○ラマンより早く退散することも珍しくない。

 そんな私がなぜ、弾幕STGの総本山たるケイブのイベントに出かけたかといえば、ミッドナイトライブ360の公開生放送があったからだ。恐らくそれがなければ、休日のでら暑い中、苦手分野のイベントを見に行くため秋葉原まで足を伸ばすことはなかっただろう。
 なので正直、当日のメインである物販コーナーはスルーしたし、原画展示にも(それ自体はめっさ綺麗でいい仕事していたが)さほど食指をそそられはしなかった。
 しかしイベント終了後、私はこれを購入することを決意していた。


 ロスト・チルドレン。
 ある日何の痕跡も残さず、忽然と行方をくらます子供たち。
 中には無事生還する者や、事件事故に巻き込まれて帰らぬ者もいる。しかしてそのごく一部は、知られざる世界の扉をくぐるという…。
 その扉の向こうにある世界の名は、ジルバラード。
 現世界とは異なるこの世界には、ある伝承があった。即ち、現世界から迷い込んだ者には、不思議な力が与えられると。
 ディオールと名乗る老人は、ジルバラードに迷い込んだ身寄りのないロストチルドレンたちを保護していた。またその力を世に役立てることで、子供たちは平穏な暮らしを獲得していた。
 しかし、ある日突然平穏が瓦解する。突如出現したモンスターを倒し、ジルバラードをあるべき姿に戻すため、天使たちは空へと舞い上がる…。 


 STGといえば、ちょっと前までは航空機が主役となって、未来都市やら宇宙やらをかっ飛ばすのが王道であった。しかし昨今、可愛らしいキャラを自機にしたSTGが過半数を占めようかという勢いで増えている。(占めてるのかもしれないが)
 そんな中にあって本作はさらに珍しく、ゴシックホラーのような世界をかっ飛ばすというのだ。STGの裾野も広くなったものである。
 ゲームの基本はいわゆる強制スクロールSTG。ショットとボムを使い分けて進むのが基本である他、左右へショットを撃ち分けられるのが特徴。背後からの敵にも対抗できる。
 自機はライフ制を採用し、敵にやられると少し戻ってリテイクする従来のSTGとは違い、ライフが0になるまでステージ進行は継続される。
 特定の敵を倒すことで出現するアイテムを獲得し、その蓄積分(上限あり)だけパワーアップショットやホーミングが撃てる。
 と、憶える操作自体は極めて少ないが、パワーアップショットは一回発動すると使い切るまで中断できないことや、パワーアップアイテムの中には、落下後に獲得すると増加量が減ってしまうものがあるなど、細かくも憎い攻略性が求められる。

 今回のイベントで何より収穫だったのが、知っていそうで知らないSTGの基礎を、私同様STGに疎いらしいジャム爺氏の視点で学べた事だ。
 中でも目から鱗だったのが、弾幕とはいえ本当に自機に飛んでくる弾はわずかなもので、それを最小限の動きで避ければいいということだった。しかも自機の当たり判定は、全身の中のごく一部しかないらしい。知らなかった私はいたく感動した。
 そんな事を教わっちゃったものだから、買って試したくなっちゃうのが人情というもの。やってみると確かに弾の見極めは思ったより容易で、かすめる程度なら全くダメージにならない。あれこれ頭を使わずバチバチ撃って進む爽快感もなかなか癖になる。
 アーケード版からグラフィックをグレードアップしたオリジナル版も収録。また5人目の主人公や新たなステージを収録したバージョンも有償配信するなど、ファンサービスも充実している。
 360ユーザーとしては、サクサク解除される実績の開きやすさも嬉しいポイントだ。

 ケイブタイトルのファンやSTGに長けた方はもとより、興味はあるが手を出す機会がないという方にもおすすめしたい。

価値と値段

2009/09/09 20:18 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

回募集したアンケートの回答が多く帰ってきている。
 結果をお伝えする前に、アンケート募集の途中、私の不慣れゆえ大幅な改訂をし、混乱を招いたことをお詫び申し上げます。

 月額料金の質問に絞ってみたが、集まった回答は見事に1000円以下に集約した。月当たり約400円ですむゴールドメンバーシップの12ヶ月プランは、適正か割安な部類に入るという意見が多い。
 やはり感覚として、桁が一つ増えると割高感を覚えてしまうことも一因だろうか。
 加えて決済方法に関する意見も目を引いた。つまり月額がいくらであれ、一括で払うので高く感じるというものだ。これは恐らく誰しも感じることだろう。
 月400円を12回払うのと、12か月分4800円を一括で払うのでは、額が同じでも消費者の手持ちの減り方が変わってしまう。安くて高いという印象を持ってしまう人もいるようだ。

 面白い意見として
「無償なのは歓迎だが、無償でサービスが良すぎるとかえって不安」
 という声があった。なるほど、オンラインサービスとて天地のように自然にあるものではなく、維持管理する手間と設備をとらねばならぬもの。無償で運営して採算が取れず、サービスが低下したり有償化したり中断されたり…なんてことになりはしないかと疑心を持つのは、ある種ごもっともかも知れない。
 これはあくまで推測であるが、無償サービスの運営は、広告収入が元になるのではないだろうか。と考えてそれら無償サービスを見てみると、妙に広告媒体が多かったり、企業やタイトルにスポットを当てたサービスが目に付く気がする。
 もちろん真相は聞いてみないとわからないし、どちらもユーザーの絶対数が運営を左右するという点では違いないものだ。

 ソフトや本体のように、商品として目に見えるものではなく、オンラインで遊ぶということ自体にいくら払うかは、少々難しい問題だろう。
 さるお方の言葉を拝借すれば「ゲームは論ずるより前に遊んで楽しむもの」であるから、一度オンラインで遊んでもらえば、何よりその価値はわかってもらえるだろう。そういう意味では、ソフトに付いてる一ヶ月利用コードはよい施策だとしみじみ思う。

 ちなみに前回冒頭の話の続き。永氏は悔し紛れに、 
「じゃあこの蕎麦猪口が10万だといわれたら、どうすればいいんですか?」
 と聞き返した。すると河井氏は泰然と答えた。
「そりゃあ毎日あの店に通って、1万円まで値切りなさい。君が決めた値段なんだから」
 当世なかなか値切るということは叶わないが、値段以上のサービスを求めることはできるだろう。オンラインは蕎麦猪口と違い、買った後も中身が変わるものなのだから。

 まだゴールド未経験という方、まずは是非一度やってみて、価値と値段の推量をなさってはいかがだろうか。
 オンラインの楽しさに負けた時は、礼を尽くしていただきますが。

お買い物の話【アンケートのお願い】改訂版

2009/09/06 01:29 Category:日記、雑記
TB(1) | CM(5)

前も書いた話だが、改めて一席。
 作家の永六輔氏は、陶芸家の河井寛次郎と親交があった。
 ある日清水の坂を二人で散歩していると、永氏は道具屋の店先に置かれていた小さな蕎麦猪口に目を引かれた。河井氏はそれを見て言う。
「ほう、いいねあれ」
「いいでしょう先生」
「うん、君ならいくらで買うかね?」
 少し得意になった永氏は、
「一万円でも買いますね」
 と答えた。実際は半分くらいと踏んでいたそうだが。
「そうか、じゃあここで私は待ってるから、行って買ってきなさい」
 河合氏に勧められ店に入る永氏。店の主人に聞く。
「あの蕎麦猪口おいくらですか」
「はい、五百円で結構で」
 それは安いと永氏、嬉しそうに五百円を払って蕎麦猪口を持って戻った。
「買って来ました。安かったですよ、五百円ですって」
「ほぅそれはよかった」
 と、二人は歩き出す。しかしやや歩いたところで河井氏がはたと足を止めて、
「まさか君、五百円払ってkたんじゃないだろうね?」
 と聞いてきた。当然永氏は答える。
「ええ」
「なぜ一万円払わなかった?」
「だって五百円ですから…」
「そういうことを言ってるんじゃない。君はこの蕎麦猪口に一万円払うといった。その言葉に責任が持てないのか。君を見損なった、一万円払ってくるまで口を利かん」
 と、河井氏はすっかり機嫌を損ねてしまった。永氏は仕方なく道具屋に戻る。
「すみませんさっきの蕎麦猪口なんですが」
「はい、いかがいたしました?」
「一万円で買わせていただきたいんです」
「……はい?」
「いや、ですから一万円でですね」
「あ、お釣りが必要で?」
「そうじゃなくって、一万円でこの…」
「あ、でしたらこちらもお付けして…」
「いりませんいりません!」
 と一悶着を演じて、押し付けるように一万円を払って戻ってきた。
「…払ってきました」
「うんうん、買い物とはそういう物だ。君はこの品に一万円という値をつけた。つまり君はこの品に負けたということだ。負けた相手には礼を尽くさなきゃいけない」
 そう言って河井氏は嬉しそうに歩き出し、蕎麦猪口を手に入れた永氏は不服そうな顔でついて行った。

 買い物や値段の話を始めるのに実に便利な挿話なので、これからもちょくちょく御世話になるとしよう。
 さて今回私がこんな話を持ち出した理由は、Xbox LIVE(以下LIVE)のメンバーシップについて思うところがあり、是非ご意見を頂戴したいと考えたからである。

 ご存知の通り、現在LIVEアカウントには、無料で利用できるシルバーと、有料のゴールドという二種類のメンバーシッププランが存在する。
 オンライン対戦など、LIVEの機能をフルで利用するためには有償プランへの登録が不可欠なのだが、12ヶ月有効のゴールドメンバーシップは約4000円強で購入できる。さてこの値段、あなたにはどう感じるだろうか。
 それだけあれば一本ゲームが買えてしまうし、そっちの方が楽しめるという方もいるだろうし、世界中の人と楽しめ、ゲームの面白さを引き出す必要価格としては安いものと言う意見もあるだろう。(そんな金あった米買うわー等の意見は、ここでは省略させていただく。あしからず)
 無論メンバーシップには、1ヶ月と3ヶ月という短期で安価なものも存在するし、ソフトのおまけのようについてくる場合もある。
 私個人は、いざやりたい時に期限が切れていたりするのも嫌なので、常に12ヶ月券を購入しているが、支払った分有意義に活用しているかと聞かれると、少し語に詰まる。

 家庭用ゲーム機のオンラインサービスで、コンテンツ売買以外に基本料金を設定しているサービスは意外に少なく(プロバイダへの支払いは除く)、LIVEが有償で提供しているサービスを無償で行っている別の会社もある。
 サービスそのものの優劣を比較することは難しいが、これらには無償である価値、有償である価値はどれほどあり、またユーザーはそれを実感として感じているのだろうか。

 そこでこのブログをご覧の皆様に簡単なアンケートを取りたい。内容は以下の4点。

>あなたのゲーム暦比率…(100÷年齢)×ゲーム暦。小数点以下三位を切り捨て。
>オンラインプレイとオフラインプレイ。どちらが長いですか?
>有償サービスである場合、一ヶ月あたり支払うおよその基本料金(全サービスの合計。コンテンツ購入は含まず)

>ゲーム機の「有償オンラインサービス」を利用するとして、あなたが妥当だと考える月額料金はいくらか?そしてその理由は?

 無論これは商用目的でもなんでもない、私個人の興味である。なので額に正確さは求めないし、三番目の質問の回答も、だいたいで構わない。ただ一つお願いしたいのは、ゲーム暦比率をどうか正確にお願いしたい。
 例えば年齢34歳、ゲーム暦がおよそ25年とすると。

  (100÷34)×25=73.5294117......≒73.52%

 となる。
 なぜこんな数字にこだわるかというと、近年ゲームユーザーの平均年齢が上がり、世代の幅も広がってきた。年齢や単純なゲーム暦としての数字ではなく、それまでの人生に於けるゲーマーとしてのキャリアを比較してみたいと考えたからだ。


※わかりづらいよーというご意見を多数いただいたので、単純にあなたがオンライン利用料につける値段のみをお聞きします。もちろん今までいただいたご意見も参考にさせていただきます。
 こんな手間のかかるアンケートに協力してくださる方がいるか誠に不安だが、やるだけやってみようと思う。
 応募方法は自由。この記事へのコメント。下の拍手ボタンを押した際に送信出来るメッセージ。このアドレスへのメール。あるいは私のタグへメッセージとして送っていただいても構わない。
 無論今回のアンケートで、私が応募者の氏名やメールアドレス、ゲーマータグなどを知ることもあるが、これらの情報は一切開示しない。
 ただしアンケートの回答内容に関しては、集計した値や、その一部ないし全文を使用させていただく場合があることをご了承願います。
 結果を公表した後、希望者においてはその投書を削除させていただきますので、希望される方はメールの末尾に「処分希望」と明記ください。

 ああ軽い気持ちでやろうとしたのが、本当にめんどくさいアンケートになってしまった(^^;
 だがもしかしたら、皆様にとっても面白い結果になるのではないだろうか。
 ゲームの片手間にご協力いただければ幸いである。


 オンラインでゲームを自在に遊べるサービス。君ならいくらで買うかね?

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。