a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煩悩百八つ、娯楽は無限大

2008/12/31 09:50 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

が耳を澄ますと、表から小さな音がする。
「お?サラサラしてやがるぜ?雪でも降ってんのか?」
 かみさんは微笑みながら返す。
「雪じゃないよ。お隣が門松立てたのさ。その葉っぱがね、風に揺れてるんだよ」

 先日お話した名作落語「芝浜」の山場。三年後の大晦日の夕餉の場面である。
 この件で冬の晩のしんとした情景をいかに表現するかが、噺家の腕の見せ所らしい。雪の降り積もる音さえ障子越しに聞こえる静寂も、今は昔となった。

 街が西洋一色に染まるクリスマスから、和風一辺となる暮れ正月の変遷を見るたび、日本人の寛容さというか節操のなさというか、文化の坩堝を見るような思いがする。
 古くは遠く平安の昔から、シルクロードの終着地として洋の東西織り交ざった文化が流れてきた国ではある。資源の乏しいわが国で、他国との外交なくして生活は成り立たず、自然と文化の流入も盛んになっていったのだろう。

 他国からの情報も瞬時に入ってくる時代。自国の独裁を維持せんと頑なに情報の往来を拒む国があり、国威を賭けた祭典で張りぼての様な演出にいそしむ国があり、かと思えば児戯に等しい手段で消費者を欺く会社が後を絶たないわが国もあり。
 進歩するのは技術ばかりで、人間のほうはさほど進歩していないようだ。

 ふと思い出す。数年前、Xboxのイベントを学園祭で行った際、いつの間にか案内役のようなことをしていた私は、来場された妙齢のご婦人にXboxLIVEの簡単な解説をした。
 ご婦人は、それまでゲームといえば閉塞的で孤独な遊びというイメージをお持ちであったようで、世界中の人と遊べるというシステムに大変感動されていた。
 ただ一人ではあるが、技術の進歩が人間の価値観を変えた瞬間を見たようで嬉しかった。

 窓の外の雪の音は遠くなり、海の向こうの仲間の笑い声が近くなる。そんな年の瀬も、悪くない。


 皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

隣の台が出てなくって一層気まずかった年の瀬

2008/12/29 23:26 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(2)

月(゜д゜)日
 暮れの多忙さは私の会社にも例外なく訪れ、数年ぶりに日曜出勤の憂き目に遭う。
 しかし思いの外早く上がることができたため、余った時間で久々にパチンコをしにいく。

 加山雄三をモチーフにした新台が空いていた。しかも私の好きな角台だ。その日2回あたりを出しており、回転は200回ちょっと。恐らく前の客は確変を一回出して、その後通常→時短を経て、一箱様子を見て帰ったのだろう。
 前日もまずまず出ているようだし、もう一回くらい当たりそうだ。財布を覗くと都合よく千円札がたまっている。よし、これだけ遊んで帰ろう。

 数十分後、最後の千円札を投入。
 何度か派手なリーチは出たものの、後一歩及ばない。まあ所詮暇つぶし。腹も減ったしいい具合かと思われたそのとき、リールの両端に「」「」の文字が並び、厳かなリーチアクションが現れた。
 ま、まさかこの間に来るのは……「」!?もとい。「」か!?
 そして中央リールはゆっくりと止まった。そこには…



                         



 若大将モード突入!

 突然画面はアニメ調から、懐かしの日劇をバックにしたレトロなデザインに。
 わけもわからず説明書を見ると、どうやら準確変モードであるらしい。これはしめた!
 と、映画若大将シリーズをバックにリーチ!うーんしかし単発。まあ贅沢は言うまい。てゆーか劇中の加山さん若っ!
 なんて言ってるうちに楽々当たり!うしゃー単発ゲットー!

 しかしこの時私は、まさかあんな結果になるなんて、考えもしませんでした……。

 と、フィーバー中にいきなり澄ちゃんこと星由利子登場。迷子になった澄ちゃんを左右どちらかに誘導し、無事若大将に逢うことができたら再び若大将モードに突入するらしい。
 とはいえどちらにおるやら。えーい右でいいや!
 って、いたよ若大将!「幸せだなぁ」の名台詞も決まり、これで連チャン確定!よーしちょっとテンション上がってきたよー!

♪ぼくのっゆっく~とこ~ろへ~ ついて~おいでよ~

 大当り中は加山雄三の名曲が鳴り響く。私でもよく知る歌ばかり。
 と、終わるやいなや確変リーチ!はいあっさり当たりー!

♪せぃ~ろ~ん こ~ぅしんま~るよ~

 確変突入!あー今度は単発あたり。

♪た~ぁったひとつのひぐれに~ 見上げるそ~らのほしくず~

 って再び澄ちゃん迷子!どんだけ方向音痴なんだ?でもって再び若大将と御対面で若大将モード突入!はい今度は確変!

♪う~みよ~ お~れ~の~う~みよ~

(中略)


 気がつけば15連チャンを越えていた。足元には見たことないほどの$箱が積み上げられていた。
 好調なことこの上ないが、些か腹が減った。ぼちぼち切り上げたいのだが、確変中にやめられるほど出来た人間ではないので我慢する。
 と、単発から発展なく時短モードへ切り替わった。よし、この100回転が終わったらやめよう。なーに時短って言っても確率は通常まんま。そう軽々と当たりなんか……あリーチかかった。しかも確変柄。
 あら、画面が暗くなった。ん?聞き覚えのありすぎるイントロが流れてきた?

♪二人を~ゆ~うやみがぁ~ つ~つむ~こ~の窓辺にぃ~

 慌てて説明書を見る。これはかなりのレアアクション、その名も「君といつまでもリーチ」ではないか!その期待度は……


70%超



(中略)


 店の兄ちゃんがさもかったるそうに$箱の中身を計測器に流し込み、じゃばじゃばと銀玉が吸い込まれていく。
 結局その後も確変引いたり澄ちゃんが若大将と逢えたりを繰り返し、終わってみれば怒涛の19連チャン。もう見てないアクションないんじゃないかって言うくらい盛りだくさんの演出を見て、玉数は24000を越えた。


 誤解のないよう申し上げるが、私は足しげくパチンコに通うことはないし、攻略誌を買ったりすることもない。半年に一度ふらりと立ち寄るくらいだ。
 しかしたまに行くとこんな具合にいいことがあるので、味を占めて連日通ったりすることのないよう自制している。

 最後にこの台の感想を一言申し上げるなら










 幸せだなぁ~。




 追記
 大当り中に加山雄三トリビアがいくつか見られるのだが。その中に加山さんがゲームに熱中されているとの記事を見て驚いた。
 特にアクションがお得意とのことだが、どんなゲームをなさっているのか興味深かった。
 もし加山さんがこのブログをご覧になっていたら是非御一報下さい(^^;w

そわかそわか

2008/12/28 19:12 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

豪、幸田露伴は教育にも厳しかった。
 愛娘のに掃除のしかたを徹底的に叩き込み、一通り終わると自分の前に正座させ、こう唱えさせた。
「あとみよそわか」
 あとみよとは「後を見よ」であり、そわかとは梵語で「成し賜え」との意である。 掃除に限らず、自分のした事をもう一度確認せよとの戒めでもあったのだろう。昨今なかなかお目にかかれないスパルタぶりである。

 今年も残り日数が片手に足りるまでになった。世も人も一年という区切りを振り返る「あとみよそわか」の時期である。
 我らが360の一年を振り返ると、例年に比べ笑みの浮かぶことが多い気がしなくはない。テイルズ特需に始まる本体の普及。不足が叫ばれていたRPGの充実。NXE配信etc
 ゲーム誌を開けば不調低迷の文字が踊っていた頃をあとみれば、メーカーの願いも成し賜った一年だろう。
 と、笑顔の一年に水を差す出来事があった。坂口博信が手掛けるRPG「クライオン」の開発中止が報じられた。最初の発表以来続報の乏しい作品であったが、恐れていた事態となった。
 多額の開発費を投じた企画を、半ばで終わらせるというのも重い決断であろう。

 去るものを追わずに来年に目を向ければ、三月期まで期待作が列を成す。年度末商戦の台風の目はどれだろうと胸踊らないではない。

 一年の成果を省みつつ、来年の実りに想い馳せつつ。
 あとみよさきみよ、そわかそわか。

雑感・Fallout3

2008/12/22 23:14 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

fo3
インシュタインが語った有名な言葉がある。
「第三次世界大戦は地球に壊滅的な打撃をもたらす。第四次世界大戦の主力兵器は石になるだろう」
 この作品で描かれるのは、まさに彼が予見した世界である。
 驚異的自由度と膨大なテキストで、コアゲーマーの熱狂的支持を得た「オブリビオン」を世に送り出したベセスダソフトウェア社が、そのシステムを周到しつつ、舞台を空想の中世から核戦争後の未来へと変え、再びコアゲーマーの睡眠不足を誘発する。

 舞台は核の荒野と化した架空のアメリカ。各地に点在する都市型シェルター「ヴォルト」の一つ「101」で生まれた主人公は、高度に統制管理されたシェルター内で、父と二人で一応の幸せを享受していた。
 しかしそんな日常が、父の失踪によって瓦解する。父は何処へ?何故自分を置いて…!?
 あなたは父を追い、安寧と混沌を隔てるヴォルトの重い扉を潜る。

 オブリビオンとは違い銃がメインであるため、一見FPSのようではあるが、中身は純然たるRPG。装備を整え敵を倒して経験値を稼ぎ、物語を進めていくのが主体である。
 無論成長システムはオブリビオンに比肩するほど自在。さらに主人公の育成度によって変わる柔軟なストーリーは当代無二の多様さを持っており、一回のプレイでそれら全てを見ることは到底不可能だろう。
 ビジュアル面では、50'sの古きよきアメリカンテイストのデザインが随所に見られ、未来でありながら未来になりきれない世界観を描き出している。

 無数に用意されたクエストと選択肢によって、このゲームは生きた世界のような憎たらしいほどの柔軟さを得ている。
 何が憎たらしいかって、善行を積んでパラディンと呼ばれるまでになっても、会話の選択肢に唾棄するような台詞が依然含まれており、これがちょっと選んでみたくなるもんだから憎たらしい。
 人を堕落させる要素はそこかしこに転がっているという人生訓か。お節介だが奥深いゲームである。

 決められたクリアルートはない。エンディングに繋がる最後の選択肢すらプレイヤーに委ねられる。
 これはシナリオをなぞるのではなく、荒廃と無秩序が支配するキャンバスの上に、物語を創るゲームなのだ。

雑感・エースコンバット6

2008/12/17 21:14 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

ac6
つだったかは失念したが、近代戦争における戦闘機同士の戦いの話を耳にした。
 ドッグファイトといえば、宙を乱れ飛び、機銃をばらまき、最後はミサイルで敵を空の藻屑と化すようなものを想像しがちだが、現実はなかなかそうはいかないそうだ。
 多くの場合、互いの背後を取り合い、ロックオンされた時点で勝負ありとされ、負けた機体はおとなしく引き返すのだそうだ。
 そのため実際のパイロットたちの撃墜数は驚くほど少なく、10機も落とせば多いほうらしい。
 まるでゲームをしているような話だと感じたのをおぼえている。

 エースコンバットといえば、精緻なグラフィックと血の通ったストーリーで人気を博してきた、フライトシューティングの頂点と呼べる作品だ。
 本作は完全新作として360に登場し、大きな話題となった。先頃発売されたバリューパックの付属ソフトとして、再び注目を集めている。

 このゲームの面白さを簡単に言えば、リアルさとゲームっぽさを上手く同居させたことにある。
 映像や挙動の緻密さはもとより、敵味方の行動までも生き生きと描き出し、四方に広がる街や大自然は触れられそうなほどである。
 しかしてその上で繰り広げられるドッグファイトは、漫画的といってよいほど非現実的
 数十発のミサイルと無数の機銃を搭載した戦闘機が縦横無尽に飛び回り、空を覆い尽くさんばかりの敵軍を小蝿のように撃ち落とし、時には針の穴ほどの隙間を飛び、ファミコン時代のシューティングゲームのボスキャラを具象化したようなトンデモ兵器に立ち向かう。一体どこがリアルな空中戦だというのだ。
 しかしながらそんな相反する要素が、架空の世界の架空の国家を舞台に見事に成立しているから素晴らしい。

 かつてはソルバルウから何百発の機銃やミサイルが発射されても「どこにこんなに積み込んでんだ?」なんて考えもしなかった我々の前に、シェイプアップされた戦闘機からわんこそばのようにミサイルが発射される不可思議なシューティングゲームが現れ、我々はそれを何の疑問もなく受け入れる。
 言わばこれは、ゴージャスなゼビウスなのだ

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。