a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・HALO Trilogy

2008/11/27 21:55 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

halo
るベテラン芸人いわく。
「古典的というと古い物という印象があるが、そうではない。古くならないものを古典的というのだ」

 古くならないとはどういうことか。例えばバナナの皮を踏んで転ぶなどは、決して新しいギャグではないが、時代の流行や世代による感性の差異に左右されにくい。
 またわかりにくい話から入ってしまったが、このゲームをやってもらえれば私の言いたいこともご理解戴けるはずだ。

 私が初めてFPSというものに触れたのは、間違いなくHALOだった。
 一人称視点が産む没入感、美麗で奥行きに満ちた世界、多彩な武器と明快な特性の違い、プレイヤーを飽きさせないテンポとリスタート、計算し尽くされたマップデザインとゲームバランス。
 圧倒された。Xboxを買った事を誇りに思えるソフトだった。

 何より私が魅了されたのは、オンラインマップの恐ろしいほどのほったらかし感だった。
 大小様々なマップに、ちまちま配されたオブジェクト、偏ることなくばらまかれた武器、単純明快なルール。
 ただそれだけのシステムが、プレイヤーによって無限の戦況を演出する。伊集院光氏の言葉を借りれば、「公園におもちゃをばらまいて、あとは好きに遊んでちょうだいといった作り」なのだ。
 無論ただ無作為に広場やおもちゃが用意されているわけがない。
 プレイヤーの心理、行動はもとより、ルールによって紡がれるであろう戦術や、見た目にまでこだわったマップデザインが施されているのだ。

 複雑怪奇なギミックや、圧倒的な兵器は必要ない。長短併せ持ったアイテムと無数のルートを描けるフィールドこそが、FPSの普遍的な面白さの要素であり、それを限界まで磨き込んだHALOは、古典FPSの金字塔と呼ぶに相応しい。

 そして忘れてはならないのが、トリロジーを通して描かれる宇宙を舞台にした物語の、薫るような美しさだ。
 遥か未来。地球外知的生命群との闘いを余儀なくされた人類は、生体兵器スパルタンを投入。圧倒的戦闘能力で国連軍を牽引するも、その中で多くのものを得て、そして失う。
 そして我々は、広大無辺の宇宙と、それが創り経てきた悠久の時間の中にあっては、人類の営みなど塵芥に過ぎないほど短く、はかなく、尊く、愛おしいものだと知る。
 スペースオペラの古典的筋立てを、独自の解釈と印象的なキャストで飾り、一級の映像作品としても楽しめる作品となっている。

 アナザーストーリーの発売も控え、益々色気を増すHALO。
 どれ、引越し荷物の奥深くに眠るパート1を、引っ張り出してみようか。
スポンサーサイト

究極にして当たり前のこと

2008/11/15 10:20 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(2)

11月14日。帰宅後早々に食事を済ませ二時間ほど仮眠。
 週末は一気に疲れが出るので、ベストコンディションを維持するには無理をしないに限る。
 携帯のアラームが鳴り、起床。PCを見ると、既にチャットルームは大入りである。
 私は360を立ち上げ、最後の練習を始めた。

 何もこんな大仰な書き方をすることはないのだが、今日はLIVEでのイベントがあるのだ。
 おなじみ「360サイコーっ!BLOG」の主催で行われる、「ファミ通.com『360サイコーッ!BLOG』Presents MIDNIGHT LIVE 360 ~EA SPECIAL~」に参加する予定なのだ。
 お題となるゲームはEAの十八番
のプロスポーツゲーム「FIFA09」だ。

 日ごろ私は運動をしない。そのせいかスポーツゲームも疎い方だ。サッカーの知識もさほど持ってはいない。
 そんな私が、ソフトの発売日の翌日に行われるというこのイベントに参加を決意したのは、先日行ったジャム爺氏へのインタビューがきっかけだった。
 TGSでのこのゲームの試遊台の盛り上がり。そして初日に行われたイベントの熱気を、氏は実に生き生きと語ってくれた。
 同時にそれが総括で記した「人数」の話に繋がるのだが、私は何よりその熱気を肌で体感したかったのだ。
 発売日にこれまたすっ飛んでショップに向かい、手に入れるやまたすっ飛んで帰宅してプレイし、フォワードは無理でも少しは様になるディフェンダーになろうと勤しんだ。

 そして当日、本番が始まり呼び出しを待つ。
 おしくも前半ゲームは呼び出されず。
 なぜかジャム爺氏とムネタツ氏が、負けたほうが坊主になるというヘアタイトルマッチになっていたようだ。結果は…うん。ジャム爺氏のブログを見ていただこうw

 第2幕はEAの期待作「Left 4 Dead」のデモプレイやら質問コーナーやら。
 SKATE2の日本発売なんて話も出た。これってすごいことなんじゃないか??

 そしてサッカー後半戦は、ユーザー対360サイコーチームーとの対戦。
 おお!お誘いのメールが来た。早速飛び込む
 ロビーには続々と人が集まる。本当に20人でプレーできるのか!?今更ながら緊張する。
 散々練習したDFを選び試合開始。おっしゃー成果見せちゃるー!
 うおーいきなり攻めてきたー!まかせろーこっから先には一歩も通さーん!とりゅあーーー!!




あれ?

                え?


おや?


 うっそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!

 や、ちょっ!待ってくださいよ!確かにね?相手がこっち来たとき、Aと間違えてX押しちゃってタックルしかけましたよ?でもさ、普通イエロー出すもんじゃないの?いきなり赤?まだ前半2分も経ってないよ?
 しかも退場するシーンもカットされちゃってたよオイ!!!


 ……うんまぁ、やっちゃったものはしょうがないですよ。反省してます。ええ。
 でもさ、でもさ、一つだけ言っていいですかね?退場喰らった後も試合見ていられるし、ボイスは繋がるからいいんですけど…


        これ


 これが最後まで表示されっぱなしなのはいじめですか!?
 体育の授業でボールの取り合いで揉めて喧嘩して先生に怒られてチームから外されて校庭の隅で体育座りして見学させられたガキ大将の気分を味わえるなんて、さすがEAは作り込みが違いますorz 

 試合は結局ドロー。なーんにもいいところなく終わってしまった。
 ええい!切り替え切り替え!次こそはつつましいプレーで活躍してやる!

 と、第二試合の前半の話は割愛。トラブルがあり試合建て直しとなってしまったからだ。

 気を取り直して第3試合!
 わ!なんかキャプテンになっちゃった!そんな大役無理だって俺!小学校の遠足のときに班長任されたのに、あまりの無責任ぶりに遠足の途中で解任されたんだから!
 んなこと言う間もなく試合開始。
 Xボタンに触りかけてる指を引き剥がすようにして相手を必死に追いかける。
 ボールが渡ったらパスに徹する。私は攻めるのが役目ではないのだ。
 おーし!名も知らぬ同志諸君!このボールは任せたー!
 ん?なんか敵陣に切り込んで行ったぞ?え?あ、シュートしたんだ。あゴールしたんだ!?うわー遠くて全然わからなかった!
 体育のサッカーの授業でずーっと後ろ守らされて、相手ペナルティエリアでみんながギャーギャー言いながらサッカーしてるのをロングショットで眺めてたあの寂寥感まで再現するとは、さすがEA(ry

 試合はプレイヤーチームの1トップ戦術が奏効し、生中継の解説者が
「たった今集まって出来たチームと思えない」
 と驚嘆するほどの展開で、スポーツニュースの名場面特集で見るような流麗なゴールをぽんぽん決め、3-0での圧勝で幕を下ろした。


 時計は既に朝の四時に迫ろうとしていた。
 だが不思議と疲労はなかった。
 電源を落とし、私はご近所に気を使いつつ、できるだけの声で言い放った。

「たのしぃぃ!」


 日本の茶の間に革命を起こしたファミコンは、その名が示すとおり家族の中心に在ることを目指して生み出された。
 ファミコン全盛期。小学生たちはファミコンの周りに集まって遊び、語った。
 いつしかゲームは子供の、そして年長者の手を離れ、ひとりのものになっていた。

 だが私たちは知っているはずだ。遊びとは結局、人がいなくてはつまらない。
 否、人がいるからこそ遊びであるのだと。

 あれから30年を経て、ようやく私たちはゲームの原点に戻ってきたのかもしれない。

自転車狂走曲

2008/11/14 21:02 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

曜日午後4時過ぎ。新宿の自転車屋から入荷の電話が入る。
 逸る気持ちを抑えつつ終業を待ち、すっ飛んで自転車屋に向かう。

 ありましたありました。マットブラックの逆三角形フレーム。無骨でスタイリッシュな外装七段ギア。そしてさりげなくシルエットに納まった、リチウムイオンバッテリとモーターアシスト機構。
 うーん、やはり買い物の醍醐味は現地現物現金払いに尽きる(^ー^)
 別売りと思っていた泥よけとワイヤーロックも付属していた。あとは安全のためにサイドミラーが欲しいところ。ちょっと贅沢してメーターなんかも付けようか。
 とここでトラブル発生。昨今流行りのハンドルの先端に差し込むタイプのサイドミラーが、ハンドルの内径が小さいためつかないことがわかった。んー残念。
 細かい調整も終わり、ボーナスを当て込んでの二回払いで会計も済ませ、慣らし運転を兼ねてそこから駒込まで走って帰ることにした。

 まず率直な感想。漕ぎ出しの軽さは感動に値する。
 普通自転車を漕ぎ出すとき、一瞬ペダルにかかる負荷を脚が感じ取り、それを押し返す力で漕ぎ出す。
 しかしこの自転車は、こちらが押し返そうとしてかけた力と不釣り合いな勢いでペダルが回り出す。あっという間に初速を飛び越して、中速域での定速走行が可能なのだ。
 しかも(当たり前のことなのかも知れないが)脚の重さに少し力を加えるだけで、速度を維持して走り続けることができる。
 と、あまり調子に乗ってはいけない。数年ぶりのサイクリングである。しかも秋深まった夜のこと。安全運転を心掛けよう。
 やがて目の前に上り坂が見えた。このあたりの地理にはとんと疎いのだが、どうやら西早稲田という辺りらしい。
 電動自転車の本領が見られるという坂の登攀である。普段あまりこんな事を言わないのだが、今日はあえて言わせてもらう。
 見せてもらおうか!松下の電動自転車の性能とやらを!

 お、重い…!?
 太股の上側が瞬く間に悲鳴を上げた。まさか…この程度なのか!?
 と、しばらく走って気付いた。ギアを1速に入れて平地同様の漕ぎ方をしていれば、それなりに速度を保てるのだ。
 どうやら私は誤解をしていたようだ。電動自転車なら上り坂を下り坂のように走れるものだと。
 人間風情がニュートンの法則に逆らえようはずもなかったと反省。
 しかしながらそんな誤解を補って釣りがくるほど、漕ぎ出しと平地走行は軽やかだ。
 やがて駒込駅が見えてきた。時間はおよそ40分強。アップダウンの多さにしては疲労も少なく快適だ。10万円強という値段も決して不釣り合いではなかろう。
 普段はまずこんな事は言わないのだが、今日は言わせてもらう。

 ウラガン、このことをキシリア様に伝えてくれよ。これはいいものだ…!
hariya

雑感・グランセフトオートIV

2008/11/11 21:10 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(2)

GTA4
しいかも知れないが、是非やってみて頂きたいことがある。
 はじめて顕微鏡を覗いたときのことを、思い出してほしい。
 例えば木の葉。いつもは意にも介さぬほど細かい葉脈が、稲妻のように輝きながら一面を覆い、その精緻で整った模様に心奪われたことはないだろうか?


 このゲームをプレイしていて、ふとそんな事を思った。
 言うまでもないが、このゲームにそんな教養性は微塵もないし、大自然の息吹に感動するような機会もない。むしろそういった物とは真逆の要素に溢れたゲームである。

 私がこのゲームにそんなお門違いな感動を抱いたのは、ストーリーの途中でヘリに乗った時だった。
 ビルの合間を車で駆け抜け、ヘリポートでヘリに乗り、ふわりと離陸して高度を上げていき、やがて夜のリバティシティが眼下に広かった時、私は身震いを覚えた。

 そこに「街」があった。
 シューティングゲームの背景ではなく、シミュレーションゲームのオブジェクトでもなく、レースゲームのコースでもない。
 高度を下げれば、そこには行き交う人や車の群れがあり、街路樹や電柱が立ち並び、ネオンが瞬いている。
 また高度を上げれば、見紛うことなき「街」の姿がそこにある。

 そして私は理解する。
 普段は意にも介さぬような葉脈こそが、実は葉をそれらしく見せる最大の要因であった。
 そして今まで私がこのゲームで見てきた、人や車の挙動や、壁の落書きや路地裏のがらくたに至るすべてのものが、このリバティシティを表現する葉脈であったことに気付く。
 ロックスターの開発者たちは、緻密な葉脈を描くことで、リバティシティという生々しさ漂う葉を作ってみせたのだ。

 特撮の神様こと円谷英二は語った。
「人間が思い描くことは何でも映像にできる」
 後に呟くように付け加えた。
「…しかし、大自然だけは模倣出来ない」

 ゲームは今ようやく、一つの街…いや、一枚の葉をそれらしく描けるようになったのかも知れない。

自転車狂想曲

2008/11/06 21:56 Category:日記、雑記
TB(1) | CM(2)

回は長い上たいしたこと書いてないのでご注意を。
 都内在住の方で、山手線内を車ないし徒歩で行き来した事がある方なら、恐らく私と同じ疑問を持つだろう。すなわち
なんでこなぃ坂多いねん!
 と。

 今年4月、30年過ごした世田谷を離れ、私は駒込に転居した。
 ここを選んだ理由は、会社や繁華街へのアクセスのよさと、故郷世田谷に似た、人がいるけど騒がしくない環境が気に入ったからだ。
 しかし部屋探しの段階から、どうにも気になっていたことがある。山の手の名に相応しい坂の多さである。

 晴れて三十路の門を潜った生来の運動嫌いである私にとって、この坂はむしろ生活習慣病予防の手助けと喜ぶべきかも知れないが、たまの休日にコンビニに昼食を買いに行き、疲労と空腹に苛まれながら急な坂を登攀するのはなかなかサディスティックすぎる。
 人間風情が天地の有様に文句は言えないが、せめてもう少し楽にご近所を散策できないだろうか。

 自転車の購入を考えたのはそんな時だった。
 だが自転車も平地ならまだしも、上り坂でのあのコストパフォーマンスの悪さを考えると、二の足を踏まざるを得ない。
 最近では電動アシスト自転車というものが普及しはじめている。ここ駒込でも不動産屋のおばちゃんが私を連れて部屋探しの内覧に行くとき、乗り馴れない借り物の自転車に苦戦する私を尻目に、電動自転車に跨って涼しい顔で坂を登っていったことからも、その性能と一抹の腹立たしさは目の当たりにしてきた。
 しかしながら、6桁を下回らない価格帯と、ママチャリの域から脱しきれないデザインがネックになり、食指が動きながら摘むことまでできずにいた。

 そんな折、ある雑誌に載っていた電動自転車を見るや、私の食指は小躍りを始めてしまった。

 天下の松下…もとい、パナソニック様が放つシティバイク型電動アシスト自転車「ハリヤ」である。
 走行距離と充電時間もすこぶる良好。価格も10万の大台を僅かにはみ出るばかり。これはよいものだ。
 会社帰りに早速自転車屋へ向かう。

「ハリヤくださいな!」
「ございません」

 ん~手に入りにくいのは人気良品の証。焦らし上手は嫌いじゃない。考える時間ができたのはむしろ幸い。ここはじっくり比較検討すべし。

 カタログを見て驚いた。昨今の電動自転車のバリエーションは実に多様だ。
 従来のママチャリ型から、シティバイク型に大人用三輪車。折りたたみ自転車まである。価格も上は40万以上(!?)から、下は9万円まで。ないのは子供用くらいだ。
 店頭には価格もデザインも近いブリヂストンのものがあってかなり悩んだが、初志貫徹。入荷も火曜日と比較的早いようなので、ハリヤに決めた。
 というわけで入荷の火曜日につづく!

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。