a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RED BULL 5G 2015 FINALS に行ってきた

2014/12/28 10:02 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP2721.jpg
12月21日。東京秋葉原で開催された『Red Bull 5G 2014 FINALS』に行ってきた。
 日本を東西に分け、各ブロック5ジャンルのオンライン予選を勝ち抜いたトッププレイヤーを決定。このFINALSでそれらを戦わせ、頂点を決する。
 今年で3回目を迎える本大会。過去二大会を制した東ブロックの三連覇か、西ブロックの覇権奪取なるか。
IMGP2722.jpgIMGP2728.jpg

 今回は、あらかじめ用意された大会スケジュールでなはく、試合の敗者側が次の試合で戦うゲームを決定するという変わったスタイルで行われる。前回破れた西ブロックが選んだ第一試合種目は、フリージャンル『バイキングぽいぽい』
 採用種目として発表された際、あまりの意外性が話題となった本タイトル。対峙するのは、西の若き俊英「Falqon」「Katayumi」コンビと、過去大会別ジャンルでの優勝経験者でもある東の傑物「バイキー」「ポイガマン」コンビ。
 ステージ上のあらゆるオブジェクトをぶつけ合うという、シンプルかつハチャメチャなゲーム。試合は第1セットを西チームが取りリード。しかし経験者の余裕が出たか、東の2名があっという間に巻き返し、最終スコア3-1で勝利。同大会2ジャンル制覇という偉業を達成し、連覇へのスタートダッシュを成功させた。
IMGP2790.jpgIMGP2795.jpgIMGP2804.jpg

 第二試合に西ブロックメンバーが選んだのは、レーシングジャンル『グランツーリスモ6』
 GTシリーズに於いて絶対王者と称されたYAM選手が、まさかの予選敗退という大波乱の東ブロックを制した「カルソニック」「ほんだ」の、なんちゅうHNだという2名。対するは、昨年のファイナリストにして予選トップタイムを叩き出した「ねぎ」と「アユム」の2名。
 結果から書いてしまおう。ねぎ選手の圧倒的な逃げ切りであった。
 予選タイムで決まったタイムアタックのグリッド。その結果で決まった決勝レースのグリッド。いずれにおいてもねぎ選手が抜け出し、一分の隙もないドライビングで圧倒して見せた。
 他の選手にあっては、決勝のプレッシャーからか、強豪らしくないミスも目立ち、カルソニック選手とアユム選手が接触する場面などもあったが、終わってみればねぎ選手の実力を称えるしかない結果となった。
IMGP2821.jpgIMGP2827.jpgIMGP2836.jpg

 両軍とも先に総合優勝に王手をかけたい第三試合。東のメンバーはスポーツジャンル『みんなのGOLF6』を選択。
 初採用にして若干異色ともいえる本作でまみえるは、東はデータと思考の「VAN」選手、西は経験と勘の最年長「斬鉄剣」選手。
 9000人のオンライン予選を勝ち上がった2名の戦い。斬鉄剣選手がパー5の二打目を、ピン側2.2m(!)に寄せるスーパーショットでイーグルを取れば、VAN選手が2ホール連続でチップインイーグル(!!)を叩き出し応酬。今までの5Gにはなかった、静と動のリズムで繰り広げられる戦いに、会場が固唾を呑んで見守る。
 精緻なことこの上ないショットで猛追するVAN選手であったが、沈着冷静に最高のプレーを続けた斬鉄剣選手が逃げ切り、同大会最年長優勝の栄誉に浴した。
IMGP2854.jpgIMGP2845.jpgIMGP2857.jpg

 もう後がない東。起死回生の一手を託し、第四試合に選んだのはパズルジャンル『ぷよぷよテトリス』
 ここに今大会の台風の目がいた。総合優勝に王手をかけた西には、過去3大会すべてにファイナリストとして登壇しながら、一度も戴冠の経験がない無冠のぷよマスター「kamestry」がいる。相棒にこちらもテトリスの強豪「せーは」を擁し、悲願の個人総合両方の頂点を狙う。
 そんな二人の目の前に、その実力は世界……否、冗談抜きで宇宙最強とさえ言われるテトリスの王「HBM」と、ぷよぷよ新世代の旗手「selva」の最強コンビが立ちはだかり、西の優勝に待ったをかける。
 落ち物パズルにしてチーム戦という、これも異色な種目。
 試合の委細は省こう。否、私ごときが鑑みれるレベルの試合ではなかった。例えるなら機械的でさえあった。正確にぷよとブロックを積み上げることに特化されたマシンが、4台ステージに並べられ、その性能試験を見ているようなプレーであった。
 連鎖もテトリスも当たり前。あとは妨害をいかに躱しいかに与えるかの駆け引きでしかなく、わずか一手のミスがたちまち自身を窮地に立たせた。
 一進一退の鬩ぎ合いの中で観客が最も魅了されたのは、selva選手が脱落したのち、強豪2名の連鎖の応酬を一人で受け、残り3ラインまで押し上げられながらも粘りに粘ってまだ粘った、HBM選手の神懸かり的な粘りだった。負けて尚天晴れ。宇宙最強此所に有りである。
 結果タイブレークになりながらも、絶大な僅差を制した西ブロックコンビが勝利。悲願達成の瞬間であった。
IMGP2869.jpgIMGP2871.jpgIMGP2884.jpg

 このままでは終われない第五試合。最後の頂点を決するファイティングジャンル『ウルトラストリートファイター4』
 三年前オンライン対戦で出会い、以来オフラインでも親交を深め、琢磨しあった至上の戦友、東の「aiai」と西の「ひかりん」の頂点決戦。
 が、この日の試合は通算五分だという好カードには似つかわしくない展開。aiai選手のオフェンスが冴えず、終始ひかりん選手の独壇場。総合優勝の決した後という特異な場面での試合ということもあっただろうが、この日はひかりん選手の圧勝。西に4つ目の頂点をもたらした。
IMGP2899.jpgIMGP2903.jpgIMGP2909.jpg

 終わってみれば、今大会は西ブロックの圧勝。キャプテンkamestry選手は、三年目の大願成就となった。
 俯瞰で見れば、新世代と言われた勢力が振るわず、古豪や経験者の後塵を拝した形でもあった。中でも斬鉄剣選手には驚いた。四十路でもトップゲーマーになれるんや!と、年男の私は甚く感動させられた。
 年々エントリー数、レベル、そして秘められたドラマのレベルも上がっている本大会。来年はどんなゲームで、どんな戦いが見られるのだろう。若手、古参、そして女子選手にも、どんどん出てきてほしいと願う。
IMGP2789.jpg
スポンサーサイト

UBIDAY2014に行ってきた

2014/11/14 22:40 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP2472.jpg
11月2日。秋葉原にて行われた『UBIDAY2014』に行ってきた。
UBI社単独で行われるイベントで、今年で3回目を迎える。新作ゲームの試遊はもとより、物販コーナーやイベントステージ。さらにはキッチンカーが出てケバブやホットドッグまで振舞うという、寄って遊ぶというより遊んで過ごすことを狙って設計された、学園祭のようなイベントだ。
IMGP2481.jpgIMGP2506.jpg

 今年は開演から終了までべっったり張り付くことができた。まずはプレイしたゲームの感想を簡単にまとめよう。
・THE CREW
 MMOやCo-opの概念を取り入れた、新世代レーシング。ただ走ることのみならず、共に戦うことを主眼にしている。
その要素が色濃く表れるのが、一台のターゲットを4人で追跡して倒すテイクダウンミッション。時に協力し、時に出し抜き、スピードとテクニックの両方がないと倒せない。
 走りながら味方の動きを頼もしく感じる感覚は、他のレーシングゲームではあり得ない要素だと思う。
・アサシンクリードユニティ
 同社の旗艦と言っても過言ではあるまい。アサシンシリーズの正統最新作。
敢えてPS4とXboxONE向けにのみ開発することで、そのパワーをガリガリ引っ張り出して作ることができたようだ。
ユニティの名の表すCo-opプレイはできなかったが、もはやどこまで作り込めば気がすむんだというレベルの建物のディティールや、人物の挙動の自然さは存分に体験できた。
 この没入感が演出する、一つ一つ策を組み立てていき、最後の一瞬につなげる快感も一入だ。
・アサシンクリードローグ
 こちらは当代機(PS3、Xbox360)向けに開発された新作。主な特徴は、主人公がアサシンを狩る側になるということ。つまりターゲットがアサシン=すんげえすばしっこいのだ。
 体験できたのはとある砦でのミッション。ターゲットであるアサシンはプレイヤーを見つけると、プレイヤーのように軽々と逃げ回るのだ。これはしんどい。
 故にゴリ押しプレイより、周囲の目を潰しながらのサイレントプレイが重要だ(と思う)。
・FAR CRY 4
 カオス系FPS最右翼と言ってもいいシリーズ。システムと同等に世界観の特異さも語られるが、今回も濃い世界が待っている。
 プレイできたのは、これまた砦制圧ミッション。どの武器も素直に当たり、敵と背景がまぜこぜにならないのも良好。とはいえFPSとしては基本的な要素でもあるので、やはりじっくり腰を据えて、この狂気の世界におでこまで浸かるのが上策だろう。
IMGP2496.jpgIMGP2514.jpgIMGP2495.jpg

 今回のイベントもそうだが、UBIという会社を見ていて感じるのが、人懐っこい会社だなぁということだ。
 扱う商品が情報である以上、ある程度秘密主義的になることは業界として必然であるのだが、この会社の場合とにかくユーザーにぐいぐい寄っていく姿勢が素晴らしい。
 社長が気軽に立ち話や女子ユーザーとの写真撮影に応じたり、物販にはアパレルはおろかどら焼きまで売ってたり、ステージイベントでプロの芸人のボケを丁寧に拾いつつ段取りから外れず進行させてしまう広報女史がいたり、とにかく歌って踊れるパブリッシャーだなぁと痛感した。
 日本法人が宣伝と販売に特化できるというのもあるだろうが、仕事中に客前で缶ビールを開けて社や業界の内情を喋ってしまうメーカーなんて、世界中探してもここくらいではないだろうか(名誉のために追記するがその裏で奔走しまくって働いていらっしゃるので念のため)。
 一見さんに認知度を広めることはもとより、固定ファンを一層強くつかむことも目指したイベントだと思う。なにせ一角で流されていた懐かしのPVにまで人だかりができるような客層なのだ。
 ファンに「厚く」訴える単独ゲームショウともいえるこのスタイルは、先日行われたPlayStation LIVE Circuitのように、各社どんどんやっていってほしい。
 UBIDAYも、毎年恒例にすることはもちろん、地方でも開催してほしいなぁと、願わずにはいられない。
IMGP2549.jpgIMGP2518.jpgIMGP2586.jpg


 それにつけても、The DIVISIONまだですかー!?

Xbox One プレミアムナイトに行ってきた

2014/06/21 21:53 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP1656.jpg
6月20日。秋葉原で行われた『XboxOneプレミアムナイト』に行ってきた。
 21日からの二日間と、29日(大阪)で行われる『XboxOne大感謝祭』の前夜祭として行われた招待イベントだ。
 会場には、XboxOneのロンチとなる9月発売予定のタイトルから、17本が集められた。

IMGP1676.jpg
 会の冒頭、おなじみ泉水氏が挨拶。発売前のXboxOneへの、期待と応援への感謝という意味でイベントを企画。きょうは国内発売に携わったスタッフもいるので、要望も伝えて欲しいと勧めた。

 招待制のイベントという事もあって、試遊台はかなり余裕を持って遊ぶことが出来たよう。それでも整理券を配布した上のことだが、本邦初披露となるデッドライジング3や、日本語吹き替えのRYSEなど、プレミアムなタイトルも揃っている。

IMGP1658.jpg
 私はキネクトライバルズとRYSEをプレイした。キネクトは看板通りの精度向上ぶりで、指の細かい動作も拾っていた。
 RYSEはとにかくグラフィックの素晴らしさとゴア表現のレベルに感動した。国内では身体欠損は無理だろうとばかり思っていたが、ほぼ海外版基準だというから凄い。エロ表現が若干大人しくなったらしいのが無念である。

 思えば360発売以降、こうしたスタッフとゲストの距離が近いイベントは久しぶりな気がする。何度か書いたかもしれないが、マスへのアピールのためには一人一人に対する深さと時間は犠牲にされる。
 初代Xboxのイベントは、シークレットギグ的なものが多かった。それは参加者の満足度を高め、ファンである事の喜びを与えてくれ、そこから発信される情報の質を高めていた。
 当時はまだSNSなどという言葉もなかったため、それが拡散していくのが難しいこともあったが、今こういうスタイルのイベントが増えたらどうなるだろう?
 初代期に培ったソーシャルイベントのノウハウと、360時代のマスイベントのコネクションを掛け合わせた、One流のPRが生まれるかも知れない。
 あくまで私見であるが。
IMGP1663.jpg

ゲームルーム2周年イベントに行ってきた

2014/06/16 20:38 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP1616.jpg
6月14日『代々木ゲームルーム2周年記念イベント』に行ってきた。
 当ブログの読者にはおなじみであろう、ゲームライターの田下広夢氏が主催する、毎週金曜の夜に開催されるゲームイベント。
 今回は秋葉原に場所を変え、いつもと変わらず据え置き機からアンプラグドゲームまで様々なゲームが用意されたが、いつもと若干趣の違う『ガチ目』な企画も用意された。
IMGP1625.jpg

 まず参加者を待っていたのは、ゲームルーム2年の歴史にまつわるペーパーテスト。
 元小学校であった建物でペーパーテストという、何年ぶりだというシチュエーションの中『ゲームルームを訪れたことがあるゲームクリエーターは誰?』『過去一度だけゲームルームがお休みになったのはいつ?』など、常連参加者も呻く難問が用意された。
IMGP1643.jpg

 マリオカート大会もガチ目に行われた。組分け戦で初級(50㏄)中級(100㏄)上級(150㏄)の3クラスに分け、各クラス予選を勝ち抜いた4名で決勝が行われた。
 いずれも熱い接戦が展開したが、150㏄クラスの決勝は特に白熱。何せCPUも速いのだから、皆必死の形相でレースが進み、順位は二転三転。
 優勝は常連の女性ゲーマーが掻っ攫い、ベテランの貫録を見せつけた。(一応言っておくが若い子ですので悪しからず)

 そして、ゲームルーム最強人狼戦。
 普段のゲームルームでは、その場にいる初心者上級者入り混じっての人狼が多い中、今回は腕に覚えのある希望者のみを募っての一戦。
 しかもゲストプレイヤーとして、ゲームクリエイター人狼会の副主催や、人狼読本の編集にも携わるガチプレイヤー、眞形隆之氏が参戦した。
 総勢11人のプレイヤーの中に村人4、霊能者1、予言者1、騎士1、そして狂人1に人狼3というキャスティングで開始(役職解説は省きます)。
 序盤は怪しくを罰し、中盤は発言と投票理由などから議論が紛糾するという王道的展開ながら、夜の人狼の『捕食』がほぼ100%成功し、預言者が人狼を引き当てるなどで一進一退。
 残り3人になっても決着がつかず(人狼がラスト一人の状態)、最後の投票で村人が処刑され、人狼側の勝利となった。
 稀に見る接戦となったこの模様は、いつか詳しくお伝えできればと思っているので、気長にお待ちいただきたい。
IMGP1629.jpg

 10時半にはじまって5時半に終わるという長めのイベントながら、終わってしまうと驚くほど短く感じる濃密な一日であった。
 ゲームが好きな大人が寄ってたかってゲームばっかりしてるという、ただそれだけのイベント。みんなで集まる機会だけを提供し、それ以上は強要しない空気が、ゲームルームの特徴ではないだろうか。
 事実ゲームルームには、わざわざみんなが集まるところに来て、一人で黙々とVitaのゲームをやってるという変わり者もいる。(一応書き添えるが誘えばマルチで遊んだりもします)
 以前も述べたが、そういう大人の子供部屋のようなイベントを、もっとあちこちで出来ないだろうか。田下氏は東京のみならず、期間限定ながら大阪でもゲームルームを開催し、こちらも盛況であるという。需要はあちこちにあると思うのだ。

 ともあれこれからも、進んでこの部屋には訪れていこうと思う。

Xbox忘年会2013に行ってきた

2014/01/07 23:57 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP1235.jpg
12月29日。東京新宿で行われた『Xbox忘年会』に行ってきた。
 Xboxユーザーの主催で行われるこのイベントも、今年で五年目となるらしい。
 地方からも熱心なファンが集まり、毎年妙な盛り上がりを見せるという忘年会。会場に設置されるゲームやモニタは、すべて有志による持ち寄りで、XboxOneも数台設置されていた。

 開会早々、参加者の度肝を抜くサプライズが待っていた。なんとMr.Xboxこと泉水敬氏が登場したのである。当然誰も知らされていなかったあまりの出来事に、参加者全員が正座で挨拶を拝聴するという椿事まで飛び出した。
 のっけからこんなに飛ばしてたら、後半ダレやしないかと心配したが、プレゼント抽選会のメイン景品に、なんとなんとXboxOneが用意されていると知らされ、会場のテンションは無事キープされた。
 会場は披露宴などにも利用されるスペースで、120名あまりの参加者がゆったり過ごせる。途中エアガンを構えたテロリストが乱入し、XboxOneと泉水氏を掻っ攫い、SWATに制圧されるという寸劇を、のびのび演じられる空間である。
 さてお楽しみの抽選会。景品もほとんどが参加者の持ち寄りというアットホームな雰囲気の中、異彩を放つXboxOneに否応なく注目が集まる。
 次第によってはXboxOneの争奪戦が起きかねない熱気の中、見事かわいらしい女子がこれを射止め、一変よかったねぇムードの中、会はお開きとなった。

 私自身は二度目の参加となるのだが、毎度個人開催と思えぬ規模に驚かされる。否、熱意というべきか。
 幹事自身は艦これに髄まで浸かっており、景品にXboxと無関係なアニメグッズやPS3のソフトが混ざるような、ざっくばらんなイベントではあるのだが、企業主体のイベントにはないそうした空気もまた、Xboxユーザーの横のつながりを象徴している気がしてならない。
 思えばこうした学園祭的なノリは、Xboxの歴史の中では珍しくないものだった。突撃隊と題されたイベントバックアップをはじめ、ゲームのイベントにおける発表者と聴取者の敷居をなくしていった一因は、外資系のノリを持ったMSならではであったと思う。
 また堅苦しい話になったが、この横のつながりこそが、Xboxの強みである事を再確認したイベントだった。MSもそれをもう一度確認して欲しいし、来年もまたこのイベントを催して欲しいと、切に願ってやまない。

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。