a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜだ!?HALO WARS

2009/12/27 08:00 Category:なぜだ!?
TB(0) | CM(0)

回の記事がご好評頂いているようなので、第二段を書いてみたいと思う。
 今回も以前雑感で取り上げた「HALO WARS」をご紹介したい。

 HALOシリーズといえば、Xboxユーザーの必修科目ともいうべきFPSの名作タイトルである。本作はその世界観を踏襲し、シリーズ第一弾の20年前を舞台に、RTSというジャンルで展開している。

 RTS(リアルタイムストラテジー)は、ライトユーザーには少々馴染みの薄いジャンルかもしれない。しかしPCでは長く熱狂的人気を誇るジャンルである。
 RTSを一言で説明するなら、順番のない将棋とでも言えばよいだろうか。普通将棋はこちらが一手指し、相手が一手指しという具合に順番が変わる。だがRTSは常に駒を動かせるのだ。
 ここまで読んで、過去のシミュレーションゲームにもターン制を排したものはあるだろうという方もおられよう。しかしそれは言ってしまえば、ターン制のゲームからターン制をとったものに過ぎないのだ。
 例えばゲーム中に戦車を移動させることがあったとする。SLGは将棋のように決められた升目の上を,戦車の移動力に応じた数だけ進んでいく。それをターンに関係なく連続して行い目的地を目指すのが、リアルタイムSLGだ。
 対するRTSは、戦車に目的地を指示すると、戦車の移動力に応じた速度でそこへ向かっていく。そして移動している間、プレイヤーは他の操作をこなせるのだ。
 これにより複数のユニットを同時に操作し、大規模かつ自在な戦力展開が可能であることも、RTSの大きな魅力である。
 一見難しく見えるが、移動力を升目を動かす数に変換したSLGより、実際に動くスピードとして画面で操作できるRTSのほうが、むしろなじみやすいかも知れない。

 PCでRTSを遊んだことがあるユーザーは、このゲームに少し不足を感じるかもしれない。
 RTSの代表作であり、本作と同じアンサンブルスタジオ開発によるRTS「エイジオブエンパイア」を例に取ると、マップとなる植民地の任意の場所ににまずベースを建て、数名の基本人員で食料、木材、貨幣の三種の資源を確保し、それを用いて基地や建物をアップグレードしていき、一般市民や兵装ユニットを育てていくというのが、基本的なサイクルだ。
 だがこのゲームでは、基地はおろか研究施設や生産工場等も作れる場所は決まっている。しかも資源は一種類しかない上、生産できるユニットは兵器ばかりなのだ。
 ずいぶん不自由ではないかと思うかもしれないがさにあらず、実際やってみていただければその理由はわかる。それはPCと家庭用ゲームの最たる違い、インターフェースによるものなのだ。
 PCはマウスとキーボードでゲームをプレーする。画面上のポインタの移動などはササッと一瞬で済むだろう。だがパッドではこうはいかない。そのためポインタを使う機会を最小限に絞るため、自由な建物の建造を排し、資源の種類と確保できるポイントを削ったのだ。
 それ故生産できるユニットも軍事ユニットに制限され、結果パッドでの操作に耐えうるRTSに生まれ変わったのだ。
 豊富なマップも魅力の一つである。あらかじめ設置されたユニットを活用し、攻守様々な戦術を組める。ギミックも豊富で見ていてあきない。

 ただPC向けのタイトルを移植するのではなく、家庭用としてゼロから設計された本作。HALOシリーズファンならずとも楽しめるし、RTS未経験と言う方には、入門作としてうってつけの出来である。

 販売本数は現在15000にも届かない。やや特異なジャンルとはいえ、この数字は余りにも寂しい。
 RTSとしてもHALOの外伝としても素晴らしい出来栄えであると思うのだが、なぜだ!?

Halo Wars(ヘイロー ウォーズ)(通常版)Halo Wars(ヘイロー ウォーズ)(通常版)
(2009/02/26)
Xbox 360

商品詳細を見る
スポンサーサイト

なぜだ!?Mass Effect

2009/12/21 21:30 Category:なぜだ!?
TB(0) | CM(5)

前テレビで、札幌のとある書店が売れ行きの悪い名作文庫をあつめて『なぜだ!?売れない文庫フェア』と銘打って売り出したところ、売れ行きが急伸したという話を聞いた。
 面白く度胸がある試みだと感心した覚えがある。内容に自信がなければまず打てない広告だ。

 売れ行きと内容が比例せずやきもきしているのは、何も書店ばかりではない。似たような嘆息を頻繁に聞く場所がある。他でもない、ゲーム売り場だ。
 内容は面白い。情報誌の扱いも悪くない。なのになぜ…?
 特に360のタイトルは、売り手ならずともそう感じてしまうことが多々ある。

 そこで、そんな作品の中から私がセレクトしたいくつかのタイトルを、ここでご紹介させていただこうと思う。
 なお面白いか否か、売れてないか否かは、私の独断が多分に混ざっているのでご了承願いたい。


 今回ご紹介するのは、以前雑感でも取り上げた『MASS EFFECT』である。
 開発元は、洋物RPGの大家BioWare社。一見するとTPSのようだが、中身はFallout3同様に濃厚なSFRPG。

 主人公は地球連邦軍のシェバード少佐。性別や顔は自在にカスタマイズできる。
 さる植民惑星で発見されたオーパーツを調査することが最初の任となるが、ここでこのゲームの核の一つが登場する。会話システムだ。
 会話が進む中で主人公に返答が求められる場面がある。この際いくつかの選択肢が示されるのだが、正答となる選択肢は事実上存在しない。一見非社会的な応対もあるが、それはあなあが「非社会的なヒーローを目指すうえで」正答なのだ。
 つまりこのゲームには性格のパラメータが存在し、会話の選択次第で主人公の人となりに影響するのだ。
 またクエストも、メインストーリー以外にも豊富なサブクエストが用意されている。すべてを「見つける」だけでも一苦労だろう。なにせマップは全銀河系に渡るほど広いのだ。

 バトルシステムはエンカウント方式ではなく、移動中そのまま敵に出くわすシームレスタイプ。ライフルは弾数無制限だが、撃ちっぱなしでいるとオーバーヒートしてしまう。
 えらい不便ではないかと思えばさにあらず。パーツを組み込み改造することで、その特性は千変万化する。
 放熱性を高めるものや命中率を高めるもの。弾丸に付加特性を付けるものなど種類は様々。組み合わせ次第では全くオーバーヒートせず永遠に撃ち続けられるライフルも作れるのだ(わたしはそれでやってますw)
 ストーリーを進めると多くのキャラを仲間に加えられ、その中から二人を選んでパーティーを編成する。とここまで言えば察しのいいゲームファンならおわかりだろう。キャラにはそれぞれ得手不得手があり、自分好みの編成が可能なのだ。
 もちろん主人公の特性はプレイヤーが決められる。経験地を稼いでレベルが上がると、それに見合ったポイントをパラメータに割り振ることが出来る。
 それが面倒だと感じたなら、割り振りを自動で行うことも出来る。また仲間のパラメータ割り振りを自分で行うことも出来る。
 ガリガリに編成を磨き上げるか、CPU任せにするかもあなた次第なのだ。

 TPSのような爽快感とRPGらしい戦略性。こと近年の洋物RPGの特色ともいえる、途切れることのない軽妙なテンポと展開は、得も言われぬ没入間を誘うこと請け合い。
 一度クリアすると、それまでの装備やパラメータを引き継いで最初から遊べる機能も搭載し、別の選択肢を試したり装備を極めたりなどのやりこみ要素を、自ら発掘できるのも魅力。
 短所らしい短所と言えば、銀河の端までは一瞬で行けるのに、同じコロニー内の移動にはややまごつくことや、レンダリングが要所要所で荒くなるくらいなものだろうか。

 販売本数は現在2万本弱と、ヒットと呼ぶにはあまりに心もとない数字。
 敷居も高くなく存分に楽しめる一本であると思うのだが、なぜだ!?

Mass Effect(マスエフェクト)(「ボーナスディスク」同梱)Mass Effect(マスエフェクト)(「ボーナスディスク」同梱)
(2009/05/21)
Xbox 360

商品詳細を見る

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。